時計修理のMr.BOBの時計修理

時計の修理が必要な場合は破損している場合がほとんどです。
軽微なものであれば取り付け直しで大丈夫ですが、部品の交換や破損個所の一式交換が必要な場合があります。
時計修理のMr.BOBではRepair・修理が必要な状態の時計は、他の箇所への影響があるためご使用を控えて頂きたいと考えております。
不具合を感じたらできるだけ早く時計修理の専門店へお持ちいただくことお勧め致します。


Repair・時計修理一覧

針修正・針取り付け

針修正・針取り付け

時計の針がおかしいなと思ったら、すぐに動きを止めて下さい。
ューズを引き時刻調整の状態にし、時計を止めた状態でお持ちください。
無理に針を動かしたりすると、針・インデックス・文字盤に傷がついてしまう可能性があります。

針修正・取り付け

インデックス取り付け

インデックス取り付け

インデックスは一つ取れると他も取れてしまう可能性があります。
リューズを引き時刻調整の状態にし、時計を止めた状態でお持ちください。
無理に針を動かしたりすると、針・インデックス・文字盤に傷がついてしまう可能性があります。

インデックス取り付け

ガラス・風防交換

ガラス・風防交換

時計の症状で一番起こってほしくないのが風防やガラスの割れです。
他の箇所への影響が大きく、最大のトラブルと言ってもいい症状です。
無理に針を動かしたりすると、針・インデックス・文字盤に傷がついてしまう可能性があります。

ガラス・風防交換

文字盤修理

文字盤修理

時計の文字盤がおかしいなと思ったら、すぐに動きを止めて下さい。
ほとんどの場合、文字盤の足が曲がっていたり、折れていたりする可能性が高いです。
リューズを引き時刻調整の状態にし、時計を止めた状態でお持ちください。

文字盤修理

バンド修理

バンド修理

バンドは時計をご使用される中で、よく動き、よく触る箇所になるので劣化や摩耗をしています。
ピンやバネ棒が取れただけの症状や、劣化や摩耗でバンドの一式交換が必要となることまであります。

バンド修理

バックル修理

バックル修理

バックルは破損率が高い部分でもあるため、修理依頼もよくあります。
ほとんどの場合、摩耗や劣化、金属疲労による破損です。
パーツ交換での修理か、バックル交換での修理になります。
※落下防止のためにもご使用は控えて下さい。

バックル修理

リューズ修理

リューズ修理

リューズはムーブメントにつながっている部品のため、修理がリューズだけで終わらない場合があります。
もし不具合を感じたら時計修理の専門店で状態確認をしてもらうことをお勧め致します。
※防水性のが低下している可能性があるため、ご使用はお控え下さい。

リューズ修理

カレンダー修理

カレンダー修理

カレンダーの不具合はリューズかムーブメントの修理が必要となります。
機械式時計のカレンダーの不具合は歯車の破損・変形の可能性があります。
※カレンダー操作は控えて時計修理の専門店へお持ちいただくことお勧め致します。

カレンダー修理

技術者に直接相談

時計修理職人が直接対応させて頂きます。
料金、納期、お悩みなどお気軽にお電話ください。

店舗一覧
24時間受付中

言葉だけでは伝えにくいことも、スマホで写真と一緒にご相談下さい。

LINEで簡単見積もりの流れ